作品紹介/曲

ヴァイオリニスト。1968年1月23日、大阪府生まれ。
1990年、“KRYZLER&KOMPANY”のヴァイオリニストとしてデビュー。セリーヌ・ディオンとの共演で世界的存在となる。1996年、“KRYZLER&KOMPANY”解散後ソロ活動開始。2002年、自身が音楽総監督を務めるレーベル“HATS”を設立。2007年秋、原点回帰をテーマにロンドンへ拠点を移し、膨大なクラシックスコアと日々格闘。
2013年には自身初となるドイツ・韓国・イギリス・アメリカの4か国を含むワールドツアー「TARO HAKASE World Tour 2013-JAPONISM-」を行い、独自の演奏スタイルとパフォーマンスで観客を魅了した。2014年には、全都道府県を回るコンサートツアー「葉加瀬太郎Best Acoustic Tour“エトピリカ”」(全60公演)を成功させる。
デビュー25周年の節目の年となった2015年春、19年前に解散した“KRYZLER&KOMPANY”を再結成させ、アルバム「NEW WORLD」をリリースし、5月中旬より8都市10公演のコンサートツアーを行った。
ツアーファイナルには、19年前に解散コンサートを行った想い出の地、日本武道館に新旧のファン9,000人を動員し、大盛況のうちにツアーを終えた。
2015年8月、アルバム「DELUXE~Best Duets~」をリリース。超豪華アーティスト達との共演による楽曲で構成された25周年を記念するまさに“DELUXE”なアルバムである。9月、全国ツアー「葉加瀬太郎25th Anniversary Concert “DELUXE ~Best Selection~”」(50公演)をスタートさせ、全ての公演をSOLD OUTで成功させた。2016年4月、「HATS MUSIC FESTIVAL Vo1 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート~」(全6公演)を開催。

ソロデビュー20周年を迎えた2016年、3年ぶりにフルオリジナルアルバム「JOY OF LIFE」を8月にリリース。そのアルバムを引っさげ、9月15日からは東京公演を皮切りに48公演を数える全国ツアーを実施した。
1982年11月15日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、2005年フジテレビ入社。「すぽると!」のキャスターを務め、オリンピックなど国際大会の現地中継等、スポーツ報道に携わる。2013年より、フリーで活動中。趣味はカメラとランニング。著書に「楽しく、走る。」(新潮社)がある。
金沢美術工芸大学視覚デザイン科、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻卒業、クリエイターズマネージメントFOGHORN所属。 2009年に制作した「赤い糸」が数々のコンペに入賞し、世界最大のデジタルフィルムフェスティバル「RESFest」のファウンダーJonathan WellsのキュレーションによりTED2010 Long Beach他で同作品が上映されネット上の話題をさらう。更に2011年~2016年までTV朝日系列「報道ステーション」のOPアニメーションを担当しグッドデザイン賞を受賞。以後業種を問わず多くのクライアントから支持され多くのCM、MUSIC VIDEO、イラストレーション、ライブペインティング等を行い現在に至る。